2007年02月23日

科学の光と陰

昨日参加した研修会は、漢方医療薬学の話であったが、本論の前に、科学や医療論がありとても興味深かった。


つたない表現だが、
医療は、近代合理的精神の上に成り立っている科学を用いるが、様々な価値観を持った人間を相手にするので難しい。
科学の普遍性は大変素晴らしいが、一方で個人の特殊性を捨ててしまう。・・・ということか。

西洋医学と漢方の話。お互いを否定するのではなくてどちらも大切、その接点を探すような話を私はずっと聞きたかったのかも・・・と思った。
まさに「論理と感性」、「知と情」を併用する「臨床の知」が大切である、ということ。

いいことばかり言う人は、信じられない。
自分の弱点を言えたら、かなり自信があるということ。これが、相手を理解し、信じる要素になるのかと思う。

謙虚に、しかし積極的に・・・ですね。

先生の推薦図書 中村雄二郎著「臨床の知とは何か」を読んでみようかな。
哲学書なので、どれだけ読みすすめられるか疑問ですが・・・・。

posted by さちこ at 20:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 思索 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなり専門的で、高度な内容の研修会
に参加されてきたのですね~
科学や医療は、日々進歩しているので
それに携わる方々には、新しい理論や
技術の研修が求められるのでしょう~
特に、最近の医療に対する社会の目が
厳しくなってきている折でもあります
から…
Posted by 風恋 at 2007年02月23日 23:18
風恋さん、おはようございます。いつも、ありがとうございます。
とても興味深く、心に刻まれました。
本当に、厳しいですね。

Posted by さちこ at 2007年02月24日 07:51
今の西洋医学は、細分化と専門化を進めすぎ、全体性を失っているように思えます。また、病いに対して、多分に攻撃的でもあると思います。死も西洋医学にとっては敗北であるととらえられていると思います。反して、東洋医学は多分に曖昧模糊としていると思います。例えばツボや経絡とか解剖学的に定義できない事を普通に使ったりと明晰性に欠けるように感じます。自然治癒力というのも東洋医学の概念だそうです。全体性を取り戻すという事と局所的な治療とのバランス、つまり、全体と部分が調和された医療が、必要だということだと思います。統合と分析というのか。
小生の知り合いのお医者さまに東洋医学の考え方なども治療に積極的に取り入れ、薬の処方にOリングテストをして、患者さんと薬の相性を見ておられます。話が発散してしまいましたが、「人間をどう理解するか」、「病をどうとらえるか」という事がとても重要な気がします。「病は呼びかけ」ととらえると医療も変わるような気がします。
長々とすみません。
Posted by DBH at 2007年02月25日 02:29
DBHさん、おはようございます。
この記事を書くのも随分と表現に苦慮したようなレベルでして、さらにいただいたコメントに適切にお返事するのも苦しいのが現状です。参考にさせていただきます。
最終的には、ご指摘のように「病や生命をどうとらえるか」ということになるのでしょうね。難しいことです。
Posted by さちこ at 2007年02月25日 10:01
こんにちは。

困惑させてしまったようで申し訳ないです。
「いのち」に関わる事もとても難しい問題ですね。

さちこさんは、薬剤師さんでしょうか。
医療現場におられるのか薬品会社のR&Dにいらっしゃるのかどちらでしょうね。
仕事で医療や薬品業界にも少し関わった事があるのですが、問題を多く抱えているように感じました。
Posted by DBH at 2007年02月25日 15:02
DBHさん、こんばんは。
幾度もありがとうございます。
私は、大阪府下の病院に勤務する薬剤師です。
当院(って??)内科病棟に入院された際には、もれなくお伺いします・・・??
Posted by さちこ at 2007年02月25日 19:02
こんばんわ。
>様々な価値観を持った人間を相手にするので難しい。<・・・本音でしょうね。患者側から見ても逆に、様々な医者を相手にするのは難しいです。(笑)
こういう、さちこさんのお仕事に関するコメントは大変難しいです。
弊社に限らず、どんなに良い大学を出ても、大学を出てからの勉強をしない人が多い現状を見ていますので、知的好奇心旺盛なさちこさんの姿には脱帽いたします。
私が何かで入院することになったら、さちこさんのお世話になることがあるかもしれません。その時はまな板の鯉ですね。(笑)
Posted by MG at 2007年02月25日 20:10
MGさん、こんばんは。
本当にいろいろな方がいて、人生勉強になります。(笑)
大学を出てからの勉強は、本当にもさく状態です、何が正しいかなんてないですし・・・。でも今の職場は、みんなで研修会に行こう!みんなで頑張ってやっていこう!って雰囲気なのでいいなと思ってます。まあ、妙なことも多々ありますが・・・・。
Posted by さちこ at 2007年02月25日 21:05
こんばんは。

体のあちこち(心も?)壊れてきてるので、入院しました節は、”もれなく”ご来室下さい。(笑)
楽しみにしております。
ちなみに小生の職場は大阪市内です。
Posted by DBH at 2007年02月27日 01:45
DBHさん、こんばんは。
大阪市内ですか・・・・。
Posted by さちこ at 2007年02月27日 19:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387038421

この記事へのトラックバック