2012年09月08日

自転車復活

私の自転車は、何年も乗っていなくて今度乗るときはタイヤを変えないといけないと言われていました。
家の自転車が不調になって、私の自転車が復活することに。


私の自転車は、自転車通勤していた前職場の時に購入したものです。
「毎日乗っているし、給料ももらっているんだから新しい自転車でも買ったらどうだ?(そんなポンコツ自転車に乗って)」と父が見かねて(半分あきれて)言ったのがきっかけでした。

自転車乗るのに、「通勤手当」と称して月3000円も、もらってましたよ。(ただしバイク通勤の人も同額。妙な設定だ)だから余計に。(笑)今思えばリッチな職場。職員は、医療費無料だったし。

そして今回、自転車屋さんに行って、タイヤを変えてもらったところ、いろいろ点検もしていただいてピカピカ?になりました。
なんだか、うきうきします。

不思議だね、こういう気持ちが物を大切にすることに繋がるのだろうね。
posted by さちこ at 19:09| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自転車、いいですね。

「もの」を修理したり磨いたりすることによって「もの」に対する愛念や大切にする心が育まれ、その心が「ものつくり」の基盤となって行きます。
私たち日本人が大切にして来た心だと思います。
資源も何も無いこの国では、その心を育み、維持しないと、と強く思いますね。
強いて言うなら、「もの」を大切にするという事は見えない「こころ」を大切にする事と同義だと思います。
つまり「もの」を粗末にする事は「こころ」を粗末にする事になります。
安易に手に入れる事が出来たり、粗雑に扱っても壊れない「もの」が増えると、人の心が壊れ始めますね。
Posted by DBH at 2012年09月08日 19:34
DBHさん、こんばんは。

うわ~、そうそう。その通りですね。
背中を押していただいた心地です。

物を大切にすることは、心を大切にすることですね。
Posted by さちこ at 2012年09月08日 19:57
まあ!よかったじゃないですか

プリュムも自転車持っていましたが
自分で整備できなくて
手放してしまいました
結構、長期間使用していたんですけどね 涙

車でもそうなんでしょうけど
やはり
メンテナンスができる人が所有していないと
物が劣化してしまいます

これからも
自転車屋さんにメンテナンスしてもらうことをお勧めします
Posted by プリュム at 2012年09月08日 19:58
プリュムさん、こんばんは。

はい、ほんとよかったです!
いまだに、わくわくしてます・・・。

自転車屋のおっちゃんは気のいい人で、なんか不具合があるとすぐに行きます。

自分で何でもするのは、限界がありますよね。
タイヤに空気を入れるくらいしか出来ないかも・・・。
Posted by さちこ at 2012年09月08日 20:38
☆ さちこ さん。こんばんは~♪
 自転車通勤、復活なんですね…
 車や電車とは視点が違って、目に映る情景は
 とても新鮮だったことでしょう。
 そして健康にもいいしエコでもあるし、通勤
 手当てもつく…、いいことずくめですね…
 風恋は車での移動が多くなり、自転車は錆び
 ついてきました…(笑)
Posted by 風恋 at 2012年09月08日 22:45
風恋さん、こんばんは。

自転車が復活します。
自転車通勤はしませんよ。大災害とかが起こって電車が止まって道路も車も走れない・・・という状況になれば仕方なくそうなのかも?
三駅走ってさらに川を超えないといけませんからね。

Posted by さちこ at 2012年09月08日 23:34
バイクの設定金額が安いので
バスで申請しただしてます

バイク不調の時や天気や都合によってバスで行くことあるんで

ただしバイクで事故っても労災になりません
Posted by あずさ at 2012年09月09日 02:06
あずささん、おはようございます。

バイク通勤でしたね。

>ただしバイクで事故っても労災になりません
なるほどね・・・。

ところで体調は、もう大丈夫ですか?
Posted by さちこ at 2012年09月09日 07:33
自転車なんて何年乗ってないだろう!?
春秋は自転車乗ったらうきうきするようなことを発見しそうですね。
キレイになった自転車で、どこかおでかけしては。
大事に大事に使ってもらえて幸せな自転車です。
Posted by Q子 at 2012年09月11日 23:52
Q子さん、こんばんは。

春秋は、うきうきですか。
いいですね。

どこに行きましょっか~。
Posted by さちこ at 2012年09月12日 21:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック