2012年11月19日

京都満喫 その1

宿.jpg

京都の嵐山温泉に泊まり、秋の京都を満喫してきました。
その記録です。

泊まったお宿は、昨年10月にオープンした「花伝抄」というお宿で、阪急嵐山駅下車 徒歩1分のところにあります。

こちらは、入り口で風姿門です。


宿2.jpg

風姿門を入って右手。


宿3.jpg

館内すべて畳敷きなのです。
エレベーターの中も畳です。
こちらの部屋に泊まりました。


宿4.jpg

お部屋は、京町屋タイプで、格子や障子など、京のモチーフを使っています。

なんだか、楽しい~。

早速、温泉に行きました。
早く行ったため、広くて貸切状態。
露天風呂も入ったのですが、その日の薬湯?は、レモンの湯でした。

脱衣室は、まるでプールの更衣室のようで脱衣かごが鍵付きロッカーにありました。

その一つ一つに百人一首が詠まれていたのですよ。
私は、7という数字で選んだけれど、見ると 
みをつくしてもあはむとぞおもふ・・・でした。それでいいか・・とか思いまして。(笑)

皆さんならどの空間を選びますか。

ということで、しばらく満喫の旅シリーズを綴りたいと思います。
よろしければお付き合いください。
posted by さちこ at 18:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
☆ さちこ さん。こんばんは~♪
 京都旅行をされたんですね~
 風雅な趣きのある落ち着いた旅館、さすが
 京都って感じがします。
 「花伝抄」という名前もすてきですし、脱
 衣所のロッカーに百人一首が割り振られて
 いるのも感動ですね…♪
 京都に行ってみたいと思いつつ果たせない
 ままですので、心が浮き立つ思いで見せて
 いただきました。
 続きを楽しみにしています…♪
Posted by 風恋 at 2012年11月19日 22:37
なるなる
貸切のお風呂は格別ですね
あの開放感がたまらんとですぅ

畳敷きの造りで
布団はベットなんですか?
西洋の人にもなじみのよい様にしてあるのかな

料亭のご飯はいかがでしたでしょ
Posted by プリュム at 2012年11月20日 19:28
風恋さん、こんばんは。
心が浮きたつ思いで見ていただきましたか!
ありがとうございます。

花伝抄という名前については、次回少し触れる予定です。
Posted by さちこ at 2012年11月20日 21:11
プリュムさん、こんばんは。
畳敷きで、でも全室ベットだと思います。面白いですよね。

フロントで受付を済ますと下駄箱があって靴を脱いで館内に入ります。

お食事については、その3で書く予定です。
Posted by さちこ at 2012年11月20日 21:14
風姿花伝、百人一首、全館畳敷き・・・でもベッド。
すてきな宿にお泊りでしたね。

お風呂のロッカーは、番号で選んだとのことですが、
それなら、あっさりと決められそうでが、
歌で選ぼうとしたら、悩んでしまいそうです。

いつも西洋式の、普通のホテルにばかり泊まっていますが、
こんなホテル(とはいわないのでしょうね~)に泊まってみたくなりました。

連載はもう「その3」まで進んだのですね。
後も楽しみにしています。
Posted by capucino at 2012年11月22日 21:37
capucinoさん、こんばんは。

そうなんですよ、ベットです。
靴を脱いでいるのでとても楽でした。

男湯と女湯と、おそらく50首ずつあるのだと思います。

ひきつづき、おつきあいいただければ光栄です。
Posted by さちこ at 2012年11月22日 21:49
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック