2017年01月15日

ピアノ開き

2017年1月にオープンした豊中市立文化芸術センター。
オープニングシリーズ 仲道郁代ピアノリサイタルに行きました。
新品のピアノ二台 スタインウェイD-274とヤマハCFX。
ホールに入ると、二台のピアノに大きな赤いリボンがかけられています。
豊中市長と仲道さんが挨拶、赤いリボンをひいて「ピアノ開き」です
このようなものは初めて見ました。
ピアノの音、ホールの響き、すべてが初めての出会いとなる記念すべき日。
たった一度きりの「はじめまして」の出会い。・・・・

プログラムは前半が
ドビュッシー ベルガマスク組曲より月の光
ショパン 幻想即興曲
エルガー 愛の挨拶

休憩

後半

ショパン 華麗なる大円舞曲
リスト 愛の夢
リスト メフィスト・ワルツ「村の居酒屋での踊り」
グリーグ 抒情小曲より アリエッタ 蝶々 ノクターン
ブラームス 6つの小品 作品118より 間奏曲
ショパン バラード一番
ショパン ポロネーズ 英雄

有名な曲が盛りだくさん。

前半は、同じ曲を二台のピアノで二回弾いて、弾き比べ。
愛の挨拶では、曲の途中でピアノを交代して弾き比べ。
各社のピアノ調律師さんのお話も交えて、興味深い時でした。

いやあ・・・こんなにも音色が違うのですね・・・。
響きのいいホールで素晴しい。
個人的には、ヤマハのピアノの音色の方が好きでした。なんだか深くて包み込むような印象で。

後半も、ヤマハのピアノで数曲、スタインウェイのピアノで数曲と演奏していただきました。
ホールのオープニングにあたって、仲道さんは、多くの方へ配慮と感謝を示されて楽しくて心温まるリサイタルでした。

この文化芸術センターの前は、市民会館だったのですが、とても古くて、音響も良くなかったなぁ。
市民会館は、NHKの音楽コンクール地方大会や大阪合唱祭の会場、成人式などと想い出が多い場所でもありました。

仲道さんにピアノ開きという形で関わっていただき、素晴しいスタートが切れたことを嬉しく思います。
このホールで、音楽を愛する人、文化芸術を愛する人、その他大勢の人との大切な繋がりの拠点になればいいなあと思います。

追伸
本日のプログラムの1/3くらいは弾いたことがあり、勉強になりました。


posted by さちこ at 19:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅ればせながら明けましておめでとうございます、
初詣の手伝い等で休んでたブログ今日から再開しました、

本年も宜しくお願いします、
Posted by igagurikun at 2017年01月16日 09:37
igagurikunさん

お手伝い、お疲れ様でした。
今年もよろしくお願い致します。
Posted by さちこ at 2017年01月16日 19:36
そんなイベント(?)があるもんなんですね!
新しいホールのオープンに行ったことはないし、もちろんどこかで初めてピアノが公式に弾かれることも出会ったことはないですし。
曲目も聴きやすそうですね!
いい瞬間に立ち会えましたね。
Posted by Q子 at 2017年01月19日 10:07
Q子さん、こんばんは。

そうなんですよ。貴重な経験をさせていただきました。
グランドピアノに大きな赤いリボンがかけられていてなんだかドキドキしましたよ。

珍しく積雪の日、雪の降る寒い中でしたけれど、行ってよかったです。
Posted by さちこ at 2017年01月19日 19:59
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445950103
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック