2017年03月05日

有意義で楽しい

昨日は京都にて、出身大学の学内合唱団ゆかりの有志とともに、とても有意義で楽しい一日を過ごしました。

実は、合唱団の存続が危機であると知りどうなるかと思っていたのですが、現役生と卒業生との合同練習会があるとのことで行くことにしました。
合唱団のメンバーは、卒業式や入学式で学歌を歌っているのですが、この合同練習会の主な目的は、学歌の録音にあり、また現役生と卒業生、ならびに長年指導にあたってくださっている先生との親睦を深めることにありました。
前置きはこれくらいにして・・・・
(一日の記録&報告兼ねる なので長文です)



合同練習は昼からだったのですが、後輩Yちゃんが「Tちゃんのお墓参りに行きませんか」と声をかけてくれたので行くことに。
後輩Tちゃんが亡くなったのは、2011年3月でした。(詳細は → http://kita725.seesaa.net/article/387038860.html
10時に現地集合です。
私は、阪急電車で行こうと思い、河原町駅につくと、くみおさんからメールが。
「突然ですが、最寄りの駅はどこですか?」
はい?京阪清水五条駅だけど、別に四条河原町や京都駅からバスでいいのでは?
どうやら京都駅でバス?に乗り遅れたらしい。そのまま、落ち着いて向かって頂戴(笑)
私は、時間があったので現地まで歩く。
八坂神社より東大路通を下ル。
歩くといろいろなものを発見出来ますね。

集まったのは、あずささん、私、Yちゃん、Mちゃん、ひ〜ちゃん、くみおさんの6人。
Yちゃんがお花と御線香を用意してきてくれました。ありがとう。(ここでお代を割り勘して払う)
受付で、墓地の地図をもらって出発?
いやあ、広くて多い・・・。
すっかり迷ってしまいました。
Mちゃんとひ〜ちゃんが見つけてくれました。
ひ〜ちゃんが、「Tちゃんが呼んでくれたんだよ。」そうだね。

思うだけでなかなか実現出来なかったお墓まいりに、行くことが出来てとても良かったです。
ありがとう、Yちゃん。

さて、お参りをした後は、大学の近くのレストランへ移動。
あずささんはバイクなので残りは5人です。タクシー2台かと思いきや・・・。
中型車なら5人いける?
ということで前に2人、後ろに3人乗車しました。
こんな経験今までないよ、なんだか楽しかったです。5人で割り勘しました。

時間はあったのでとてもゆっくり出来ました。
私は春らしい新作メニューをいただいておなかいっぱい、美味しかったです。
話に花が咲き、さらに別腹タイム。
こちらも美味しかったです。
お代は、あとで各自申告制の割り勘(私が一括で支払ったのですが、あとで帰宅して計算したら、私、おつり渡してない人いっぱいいました・・・百数十円のおつりを払ってないのが二人、10円のおつりを払ってない人二人。)ということで随分お安くご馳走になりましたわ、すみません。

さて、いよいよ。

001 (2).jpg
歌うのは、50回記念公演以来だから、3年ぶりくらいかな。
少し遅れてY先輩も来てくださいました。懐かしい。
練習した曲目は、学歌と団歌(合唱団のね)、君をのせて、カントリーロード。
いやあ、ジブリの曲って難しいなぁ、ちゃんと歌ったことなかったのかな?
E先生の楽しい指導(時々入る意味不明の雑談は、ちゃんと意味があるのだった)のもと通した後、OB会長のAさん(現在はロームシアター←京都会館のあとの 副館長をされているそう)の指揮、I先生(合唱団出身で現在合唱団顧問)による録音を実施しました。
Aさんが、学歌の詩を心の中で読んで下さい、そして朗読してください、と。
音符を歌うのではなく、言葉を歌うのです。
お恥ずかしながら私は学歌に関して「大学の周辺の風景をよんでいて、何の関係があるの、関係ないのでは」と思っていたのです。
違ったのですよ!!!
今更ながら詩というものは、深いものなのだと感銘しました・・・・。
ただ三番の歌詞は私の中で未消化です。
しかし、詩歌(文学)というものは、その触れた時期により感じることが異なり、またその自分との関係そのものも変化していくように思います。
深遠な世界です。まだまだ精進ですね。
ちなみに団歌に関しては、団の歴史の中で歌い方というものが変化してきたらしいです、ですので次の世代がその世代の歌い方をしたらいいそうです、ふふふ。?
録音した音源は、今後入学式や卒業式で流すかもしれません。(音源としては、一度録音したら何十年と使用か?)
というのは、もし卒業生で祝う心?がある人は式に参加して歌うことも、話にあがっていました。

練習に参加したのは、現役生・卒業生・先生含め50人くらいか。
最後に、皆で記念写真を撮りました。
この記念写真と、今日書いた寄せ書きの色紙は同窓会誌に載るそうです。

その後は、40人程度で懇親会場へ。
大学の近くのお寿司屋さんです。

顧問のI先生の乾杯のあと、楽しい宴会です。
お寿司と揚げ物があって、あとはお鍋でしたよ。
ほどなくすると、I先生が「恒例の自己紹介をお願いします。」と。

そういうの、恒例になっているの?

机が4つに分かれててブロック?毎に順番に一人ずつ自己紹介。
卒業年と氏名は必ず言ってその後はいろいろ。
今日のために遠路(東京から二人、徳島から二人、など)来られた諸先輩方、現役生を思いやる方々、頑張っている現役生、個々の学生の頃の様子もよくわかり、明日に繋げられるような激励の言葉もあったりととてもいい時間でした。

このようなとても楽しい時間を過ごすことが出来たことに感謝です。
お世話していただいた方々、ありがとうございました。
そして、これからも細々とでも合唱団が続いていくことを願いつつ、この長い長い記録を終わりにしたいと思います。

最後まで読んでいただき有難うございました。

posted by さちこ at 10:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもいい時間だったようで羨ましくもあり、嬉しくもありました。
こういった集まりが恒例になるなら、5年後くらいには参加できそうだと思います!
Tちゃんのお墓参り、いつか必ず行ってきます。
報告ありがとうね。
Posted by Q子 at 2017年03月05日 22:31
Q子さん、こんばんは。

長文を読んでいただきありがとうございます。
本当に、いい時間を過ごしました。

数日は、想い出?にでもひたっている気分です(笑)

また、きっと会えますね。
Posted by さちこ at 2017年03月06日 21:27
歌を愛するユーベルの集団は本当にいい空間ですよね。
正のオーラを沢山浴びることが出来ました。
Posted by あずさ at 2017年03月11日 03:50
あずささん、こんばんは。

いろいろお世話いただきありがとうございました。
正のオーラですかぁ。
Posted by さちこ at 2017年03月11日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447614501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック