2017年04月12日

京・洛西 大原野を訪ねて

西行桜.jpg

花を求めて、京都・洛西 大原野を訪ねました。
初めに、花の寺と呼ばれる天台宗 勝持寺へ行きました。
写真は、境内にある「西行桜」です。
西行は、ここに草庵を結び一株の桜を植えて吟愛していた、世人はその桜を西行桜と称し、寺を「花の寺」と呼ぶようになった、とのこと。


枝垂れ桜なのですね。
ちなみに、謡曲の西行桜と小塩は、このお寺を主題としたものだそうです。

鏡石.jpg
西行法師がこの寺で出家した時(1140年)この石を鏡の代わりに使い、頭を剃ったと伝えられている。・・・・??


勝持寺.jpg
境内には、西行桜を始め数種類約100本の桜が植えられています。
満開で美しいです。

幹.jpg
このような所からも花が・・・。


その後、願徳寺へ。国宝 如意輪観世音菩薩半跏像があります。

勝持寺の方角に戻り、参道をずっと降りて大原野神社へ。
大原野神社は、奈良の春日大社のご分社とのこと。春日は、地名(南春日町)に見えます。

千眼桜.jpg
こちらは、千眼桜です!
たくさんの花がつくという意味だそうで、その満開の期間はわずか3日くらいとか。
幻の千眼桜を見ることが出来ました

筍ごはんセット.jpg
その後は、境内にある春日乃茶屋でお昼ご飯。
筍ごはんセット。あっさりしていて美味しかったです。
竹林も多く、筍の産地ですね。

そして正法寺へ。
真言宗東寺派のお寺です。
こちらも桜が満開。

庭.jpg
名庭。
天から降り注ぐ恵みの雨を受け止める、神々の手の平を想像した神仙思想の築山から展開する「浄土庭園」
深いなぁ・・・。(よくわかっていない)

少々、行きにくい所(バスが1時間に1本など)でしたが、のどかな風景の中で、桜を満喫出来た散策でした。

posted by さちこ at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「西行桜」…、西行と聞くだけで桜花がいっそう
すてきに映りますね~♡
これは枝垂れ桜でしょうか、たいへん風情が感じ
られます…♪
風恋も一度京都の桜を見てみたいです…
Posted by 風恋 at 2017年04月13日 17:49
風恋さん。こんばんは。

そうでしょ~。
枝垂れ桜です。

西行が、出家したのがこのお寺なのですね。
佐藤兵衛義清さん。

Posted by さちこ at 2017年04月13日 20:46
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック