2017年10月29日

軽井沢~富岡~日光の旅 その④

東照宮.jpg

三日目、朝起きるとなんとか雨も止んでいます。
いよいよ日光東照宮です。
この道は、遠近法で作られているのですね。
そしてこの石鳥居は黒田長政が福岡から運んだもの。(以前ブラタモリでやっていた)

ひし形の石に沿って足を進める。

神厩舎(しんきゅうしゃ.jpg
こちらは、神厩舎(しんきゅうしゃ)。
神様に仕える神馬をつなぐ厩。
ここに有名な三猿があるのですが、猿は三猿だけではないのですね。
8面あるようですが、前の5面のみ載せてみます。

猿1.jpg
猿2.jpg
猿3.jpg
猿4.jpg
猿5.jpg
生まれてからの成長が描かれています。
本年修復されました。

陽明門.jpg
本年修復された陽明門。
凄い。

陽明門。.jpg
とにかくすごいってことよ(笑)

眠り猫.jpg
眠り猫。
眠っているふりをしている、何かあればすぐに起きる。

この眠り猫のところから奥宮に行きました。家康のお墓 宝塔です。
石段を根気よく上っていくと、途中で
人の人生は重荷を負うて遠き道を行くが如し急ぐべからず 東照宮御遺訓

という立札あり。はっとします。

道.jpg
これは帰り道。

その後、本地堂(鳴龍)へ。
本地堂の天井に鳴龍が描かれている。
龍が描かれた場所の下で音を出すと響く(龍の鳴き声とされる)が、その他の場所では響かない。
不思議ですね。

家光廟大猷院.jpg
その後、二荒山(ふたらさん)神社を通り、徳川三代将軍「家光公」の廟所、家光廟大猷院に行きました。
それから、来た道を戻り、輪王寺 三仏堂へ。
三仏堂には、千手観音 阿弥陀如来 馬頭観音 の仏様が三つあります。

駆け足でしたが、見るべきところは制覇した!よく歩いた!
という感じでしょうか。
日光を見ずして結構と言うなかれ
日光参拝、とても良かったです
昼食に、ゆば(日光の特産品)の入ったうどんをいただきひといき。

帰路は、日光→宇都宮(JR日光線)。宇都宮→東京(東北新幹線)。東京→新大阪(東海道新幹線)でした。
宇都宮駅で駅弁を買って新幹線に乗りました。
宇都宮駅は、駅弁発祥の地なのですね。
玄米を使ったいなりずし「玄氣いなり」と、強めし(五目おこわ)のお弁当「日光強めし」を買ってシェアしました。
美味しかったです。

まだまだ書き足りませんが、とりあえずこの辺で終わることにします。
posted by さちこ at 13:03| Comment(2) | 文化 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
好い旅をなさってこられましたね。
軽井沢には四十数年前に一度だけ行ってますが
観光したわけじゃないのであたりの様子はまったく記憶にありません。
富岡にも日光にも行ったことが無くて神奈川にいるころに行っておけば好かったなって思っていますよ。
特に東照宮の色鮮やかな姿を見たいものです。
Posted by Saas-Feeの風 at 2017年11月03日 10:29
Saas-Feeの風さん、おはようございます。

いずれも関東からは行きやすく、関西からは行きにくいですね。
東照宮は、今年修復されたのでとても色鮮やかですよ。

是非、お元気なうちに行って来て下さい。
Posted by さちこ at 2017年11月03日 10:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください