2019年01月12日

フォーレのレクイエムを聴きながら

今年のM君(大学時代の知り合い、某薬大合唱団出身)の年賀状に、大阪アカデミー合唱団が体制縮小となり通えなくなったため昨年退団しました、とありました。
合唱団は私が社会人二年目から数年所属した合唱団です。
そこで久しぶりにアカデミーのホームページを見ていたら、合唱団でお世話になった(可愛がってもらった)お姉さんの訃報を知りました。
今年の年賀状が宛先不明で返ってきたので嫌な予感はしていたのですが、改めてショックでした。
入団同期で、現在宮城県在住(超転勤族、行く先々で合唱している。寒いそうです、暖かい大阪が恋しい、と)のご夫妻にメールをしてみると、

・・・
お葬式は、大阪の大地震があった日で親戚の方々はどなたも参列できなかったのですが
合唱団が集まり
前夜のお通夜に続き、歌声にのせてお見送りしました。

とのこと。


そうかお葬式は6/18だったのね。
フォーレのレイクエムを歌ったようですね。
一番、鎮魂曲らしい曲ですよね。
(モツレクとかベルレクとか興奮してどこが鎮魂・・・とかって思う・・?鎮魂というより恐怖と懺悔の・・・)



大阪合唱祭のあと、皆で我が家に遊びに来てもらって、あの頃は楽しかったなぁ、皆若かったし・・・(20年前という数字に驚愕する、老けました)という話題に花も咲きました。

今までありがとう、そして安らかに・・・・。

フォーレのレクイエムを聴きながら記す。



posted by さちこ at 13:52| Comment(0) | 音楽 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください