2019年04月06日

小説 「火の鳥」 大地編

本日より、朝日新聞土曜版の be にて手塚治虫が残した幻の構想原稿「火の鳥 大地編」を、作家 桜庭一樹が小説化し、連載開始となりました。

火の鳥は、30年以上にわたって描き続けられたが、亡くなったことで未完となっていた。
しかし、漫画化されなかった構想原稿が残されていたとのこと。舞台は1938年、日中戦争開戦翌年の中国大陸。

さてさて・・・。
猿田博士が登場です。
猿田一族?は、古今東西、一貫して重要人物ですね。

毎週楽しくなりそうです。

ちなみに、火の鳥は昔全巻読みました、随分忘れましたが・・・・。
他にブラックジャック、アドルフに告ぐ、ブッダ などなど・・・・。
posted by さちこ at 23:11| Comment(0) | 思索 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください