2017年08月02日

「家守綺譚」

記事にするつもりは全くなかったのだが、いつのまにか私の中で大きな存在になっているので記しておく。続きを読む
posted by さちこ at 20:51| Comment(2) | 文学 | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

獄医立花登手控え

先月からBSで「立花登青春手控え2」が放映されているのを知り、そういえば原作は藤沢周平だったなぁ。
どうやら放映は昨年からされているようで今年はシリーズ2ということのよう。
江戸小伝馬町の牢獄に勤める青年医師・立花登が起倒流柔術の妙技と鮮やかな推理で、獄舎にもちこまれるさまざまな事件を解決する、というあらすじ。

ということで本屋さんで「獄医立花登手控え(一)春秋の檻」を手に入れました。続きを読む
posted by さちこ at 16:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 文学 | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

吾輩の観察力

漱石の「吾輩は猫である」の新聞再連載が始まり毎朝楽しんでいます。
本作品は、中学一年の時に読んだので再読ということになりますが、まあ・・・・あんなのは読んだうちに入らんでしょ。続きを読む
posted by さちこ at 09:18| Comment(15) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

渦中の女性は??

夏目漱石「門」の新聞再連載、終了しました。
初めは何気なく毎朝読んでいて、途中から、え、あ、・・・・これって凄い話・・・。続きを読む
posted by さちこ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

泉鏡花ゆかりの宿

前回の続きです。

九谷陶芸村をあとに辰口温泉へ。泉鏡花ゆかりの宿に向かいました。
江戸時代の創業で明治の文豪泉鏡花の小説の舞台にもなっている老舗旅館 まつさきです。
続きを読む
posted by さちこ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

「漱石の思い出」

漱石の思い出.jpg
夏目鏡子述 松岡譲筆録「漱石の思い出」を読了しました。
漱石の妻 鏡子の言葉を、長女筆子の夫 松岡譲が筆録したものです。
おおよそ結婚前から亡くなるくらいまでの内容です。
続きを読む
posted by さちこ at 10:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

高野聖

先日、泉鏡花「高野聖」を読了しました。
泉鏡花の作品を読んだのは実は、初めてです。
続きを読む
posted by さちこ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

漱石「それから」

夏目漱石「それから」の新聞再連載。
先日、終了しました。続きを読む
posted by さちこ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

三部作

夏目漱石の新聞再連載。
「三四郎」が終わり、「それから」連載中。続きを読む
posted by さちこ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

罪と罰

家に、フョードル・ドストエフスキーの「罪と罰」の朗読CDがあったので聞きました。
江守徹氏の朗読で140分ほど。

続きを読む
posted by さちこ at 15:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

記録はあるけれど

新聞に連載中の夏目漱石の「こころ」
なんだか佳境に入ってきました。
続きを読む
posted by さちこ at 21:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

漱石「こころ」

本日は、夏目漱石の代表作「こころ」の連載が某新聞紙上で始まってちょうど100年という。
というわけで、某紙では、本日より100年前当時と同じ全110回に分けて連載がスタートした。
続きを読む
posted by さちこ at 09:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

桜散るころ

桜散る過日、祖母が旅立った。

ふと、西行のようだと思った。

願はくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ続きを読む
posted by さちこ at 19:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

京都満喫 その5

文学2.jpg

散策 文学編

さてこの実は何というでしょう。
百人一首に詠まれています。
続きを読む
posted by さちこ at 08:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

「西行花伝」

西行花伝.jpg

以前より読みたかった 辻邦生著「西行花伝」を読了しました。

西行は、武士の家に生を受け、この世をより深く豊かに生きるために出家遁世の身となり、満月の白く光る夜 花盛りの桜のもとで、七十三年の生涯を終えた。
谷崎潤一郎賞受賞の本書は西行の弟子 藤原秋実が、西行ゆかりの人物を訪ね、彼らが序の帖から二十一の帖において語り手となっている。
続きを読む
posted by さちこ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

出版記念

風景.jpg

母の出版記念(亡き父の出版記念も兼ねる)に、みちこさんに教えていただいた「梅田ジパング」に行きました。
老舗の「なだ万」がプロデュ-スする和食ダイニングレストランです。

お店は、33階にあるため絶景です。
写真は、お店から見た風景です。

せっかくですので料理を載せてみます。
続きを読む
posted by さちこ at 15:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

糺の森

糺の森.jpg


世界文化遺産 賀茂御祖神社(下鴨神社)を訪ねました。
写真は、境内 糺の森です。
続きを読む
posted by さちこ at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

本日の収穫

昨日の大阪の雨は凄かった。私は、17時まで当番だったので(というか更に居残ってましたので)ほとんど雨にあわずに済みました。
怒涛のような一週間のしめが、豪雨です。あ~。
続きを読む
posted by さちこ at 15:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

六稜トークリレーに参加して


TR83-110305-212x300.jpg


先日(3月5日)、母校同窓会主催のトークリレー「梶井基次郎生誕110年に寄せて」に参加しました。

トークリレーに参加するのは久しぶりです。
トークリレーとは、同窓会が主催する卒業生による各期持ち回り制のレクチャー・シリーズで、一般公開型のイベントです。


続きを読む
posted by さちこ at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

真実はただ存在する


乙女の密告.jpg



芥川賞を受賞された赤染晶子さんの「乙女の密告」を読みました。

私は、受賞したから読む、という行為は好きではありません。


続きを読む
posted by さちこ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | 更新情報をチェックする